スポンサーリンク

仙台市の都市伝説4選

都市伝説と言うと全国規模のものや大都会のもの、インターネット上のものなどがありますが、地方都市にもささやかではありますが存在します。今回は東北の地方都市、宮城県仙台市の都市伝説を4つご紹介します。

シリーズ吉原遊郭~遊び方編~①店選び編

シリーズ吉原遊郭、今回からは遊び方編です。吉原にはおよそ200以上の妓楼がひしめいていました。たくさんあって迷いますが、店選びのお供に『吉原細見』というガイドブックがあり、当時の人々はそれを片手に吉原を観光していたそうです。ではどんな店があり、どのようにして登楼していたのでしょうか。吉原にあった店の種類と登楼の仕方をお話しします。

3・4ヵ月の赤ちゃんの児童館デビューはどんな感じ?メリットは?

外出も問題なく出来るようになる3・4ヵ月。この時期になると児童館や子育て支援センターの情報も入って来るようになります。しかし、児童館というと歩けるくらいの子が遊んでいるイメージ…まだハイハイすらできない赤ちゃんが行っても意味はあるのでしょうか?実際に3・4ヵ月の赤ちゃんを児童館デビューさせてきたので、どうだったか、メリットはあるのかを書いていきます。

ゴミ屋敷を作り上げた究極のヒキニート、コリヤー兄弟

近年、ゴミ屋敷は社会問題として取り上げられることが多くなりました。21世紀になってからよくニュースなどで見るようになりましたが、20世紀初頭のニューヨークにもゴミ屋敷に住み、その中でひっそりと死んでいった兄弟がいます。 ホーマー・コリヤーとラングレー・コリヤーの兄弟です。彼らの住んでいたゴミ屋敷の惨状は今なお人々を驚かせるには、充分すぎるほどの威力を発揮しています。 今回は奇妙なゴミ屋敷住民コリヤー兄弟についてお話していきます。

小泉喜美子『血の季節』感想

1982年に出版され復刻した名作『血の季節』の感想文です。昭和50年代、青山墓地で発生した幼女惨殺事件。その被告人が語る、お城のような屋敷で出会った外国人兄妹と過ごした少年時代の思い出…。吸血鬼、ホラー、ミステリと非常に濃厚な作品。

シリーズ吉原遊郭~遊女編~③遊女の性事情と末路

第三回は吉原で働く遊女たちの収入、性事情、末路に迫ります。吉原で遊ぶ客たちは大枚を落としていきますが、そのほとんどは妓楼に取られてしまい遊女たちの収入になるのは、その半分程度でした。大人気の花魁でも、身の回りの調度品や世話をしてくれる禿たちは自分自身で面倒を見なければならず、妓楼に借金をしていました。遊女たちはほぼ100%性病にかかっており、それが原因で死ぬことがほとんどでしたが、梅毒に一度かかると商品価値が上がるとされており、梅毒になった遊女は一人前として一目置かれる存在になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク