【4ヵ月】赤ちゃんとの焼き肉を楽しむには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

赤ちゃんを連れての外食は何かと気を使いますね。「連れて行っても大丈夫か心配」と言ってなかなか外食が出来ないママも少なくないでしょう。
しかし、たまには外食したいですよねー。ストレス溜まります。たまにゃ自分で作る臭い飯より他人の作った美味いものを食いたくなるんです。
さて、前回は和食ファミレスと回転寿司に行きましたが、今回は焼き肉屋です。
そもそも、赤ちゃん連れて焼き肉屋ってOKなの?と私も気になっていたので、食べたくなったし実際に連れて行ってどんな感じかを体験してきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

決戦の地は安楽亭

今回お邪魔したのは、大手焼き肉チェーン店の安楽亭。
私と夫と4ヵ月の息子の3人で行きました。息子は首すわりOK、寝返りOK、ずりばいOK、おすわり×といった状態です。お子様用の椅子が使えないため、強制的に座敷になります。
時間は混み合う時間を避けて、開店したばかりの11時半に入店しました。(※店舗によって11時開店です)混雑を避けるなら14時くらいでも良いのですが、私たちが行った店舗は座敷が少ないため、早めに行く事にしました。

鍵になるのは分担制

端の座敷に通されましたので、バスタオル敷かせてもらい息子を転がしておきます。まだここがどこだか分かっていない様子で静かにしています。
早々に食べ放題を注文し、オーダー用のタブレットをもらったら速攻で肉を注文。タブレットを使ってのオーダー式は楽でいいですね。
肉が届いたらどんどん焼いていきます。しかし、場所に慣れてきた息子がゆっくりとずりばいを開始。危なっかしいので、私が息子を膝に乗せる、夫が肉を焼くという分担作業にしました。焼いた肉はどんどん皿に乗せて行ってもらい、抱っこしながら食べるという家とやってることが変わらない状況になりました。

このまま抱っこしながら食べるのかと思いましたが、食べ物や食器などが気になって手を伸ばして来るようになりましたので、途中から転がしておきました。
この時に役に立ったのが、おもちゃです。音の小さいオーボールを持たせておいたら、それを舐め舐めしながらコロコロ転がってました。
以降私たちは、息子を適度に構いながら肉を焼いて食べるようにしていましたが、一貫して夫は肉奉行、私は息子を見てるといった分担になりました。
こんなんで腹が膨れたのか…かなり満腹になりました。子供の面倒を見ていたからあまり食べられなかったわ、という事が私も夫もありませんでした。

赤ちゃんとの焼き肉を堪能するには?

お座りが出来ない4ヵ月前後の赤ちゃんを連れて焼き肉に行く場合、考慮しなければいけない事がいくつかあります。

①開店したばかりの早めの時間帯に行き、座敷席を取る

混み合う時間を避けるのと、座敷席を確実にGETするためです。4ヵ月前後の赤ちゃんと一緒なら、お座敷席であることは最低条件だと思います。テーブル席でベビーカーを椅子代わりにするという方法もありますが、私が行った店舗ではベビーカーは店に預けなければなりません。それ以前に、ベビーカーを椅子代わりにするとなると、隣の席に近くなったり通路にはみ出したりして危険です。

②肉担当、赤ちゃん担当と役割を分ける

何もそこまで…と思われるかもしれませんが、こうやって分担した方がお互いにストレスが無いです。焼き肉はただ食べるだけでなく、「焼く→皿に運ぶ→食べる」という工程で進みます。ここに赤ちゃんの面倒も加わると、どの作業も半端になってしまい結果的に焼き肉を堪能できません。
ですので「焼く→皿に運ぶ→食べる」「赤ちゃんを見る→食べる→注文する」という風に作業を分担させた方が、効率が良いです。

③赤ちゃんのおもちゃを持参する

前回はしなかったことですが、今回はおもちゃを持参してみました。これが大活躍。4ヵ月くらいだとおもちゃに興味を持つようになります。ちょっとぐずったらおもちゃで遊んでもらう事も可能です。それでもぐずぐずするようなら、しばらく抱っこしてあげましょう。
どんなおもちゃでも良いのですが、出来れば音が小さくぶつけたり鳴らしてもうるさくないものが良いです。
ただのガラガラよりも、柔らかい布製のラトルやオーボールがおすすめです。

まとめ

4ヵ月の赤ちゃんを連れての焼く肉レポ、いかがでしたか?たまには外食したい!焼き肉食べたい!というママさんは、是非勇気を出して行って見てください。動き回るようになって来ると鉄板や網焼きをする飲食店は非常に危険になってきます。(手を伸ばして触りたがるので)
4ヵ月くらいなら、そこまで手を伸ばして触りたがったりしませんので、行くなら今ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする