妊娠線予防!ニベアとボディバターは効果あり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

最近ちょっとお腹がかゆいです。帝王切開の痕がケロイド状になってかゆい、というのもありますが、多分これ妊娠線がかゆくなってるんだと思います。
妊娠線、妊娠線ってよく聞きますけど、どんなものなのか、ケアの仕方などをお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

妊娠線とは?

妊娠線とは、簡単に言うと急激なお腹の膨らみに皮膚が耐え切れず、表皮の下にある皮下組織などが割れてしまうことで出来る線状斑のことを言います。要は肉割れです。
急激な体型の変化によって出来るものですので、妊娠していない人や男性でも似たようなものができる場合があります。
そして妊娠線の困るところは、一度出来ると消えないという点です。皮膚の組織が断裂してるわけですから、傷跡のように消えるわけではありません。
現在では、産後に使えるクリームやケア用のオイルも売っていますが、妊娠線を綺麗さっぱり消し去るというより、目立たなくさせるくらいの感じらしいです。
綺麗に消すとなると、美容クリニックや皮膚科でレーザー治療を受けるしかありません。費用は20,000円以上からとかなり高額ですので、気軽に受けられるものではありませんね。(※費用は皮膚科やクリニックのコースによって異なります)

妊娠線ができる場所

妊娠線といったらおなか…というイメージですが、実際にはお腹以外にもいたるところに出現します。
体格なども関係してきますが、妊娠線ができやすい場所は

おなか

お尻
太もも
二の腕

足の付け根(そけい部)

と、こんな感じです。「おなか」は全体的にできやすい部分ではありますが、へその下辺りが特に出やすいです。その部分は、妊娠するとどんどん膨らんでくる箇所でもありますので、皮膚が引っ張られます。しかも目ではなかなか見えないので、ケアも行き届かないことがあり、妊娠線が出来てたのに気付かない…なんて事も有り得るのです。ま、これ私の事ですがね。
それ以外の場所も、肉がつきやすい場所であり、皮膚が薄い場所でもあります。
こうして見ると、全身じゃん!と思うかもしれませんが、そういう認識でいいと思います。

妊娠線予防は?

妊娠線は一度出来ると消すことができませんので、事前のケアが非常に大事になってきます。

体重を急に増やさないようにする

そもそも妊娠線は急激な体型の変化によってできてしまうものですので、急に太らなければある程度は防げます。
妊娠初期の時は悪阻(つわり)などもあり、体重が増える事はあまりないのですが、妊娠中期…安定期に入って食欲が増すとドーン!と増えてしまうことがあります。
この時期に体重が増えすぎると妊娠線ができやすくなりますので、急激な体重増加を抑えるようにすると妊娠線予防になります。

オイルやクリームで肌をケアする

妊娠線予防といったらクリームやオイルを塗るというイメージがありますね。肌を保湿して乾燥を防ぐことによって、皮膚が柔らかくなり組織のひび割れを防ぐことが出来ます。
いつから始めれば良いという明確な基準はありませんが、妊娠初期の頃から始めておくのが良いでしょう。冬場なら特に乾燥が気になりますので、こまめに保湿することをおすすめします。

オイルとクリームどちらが効果的か

どちらも一長一短です。
クリームはベタつかず仕上がりがなめらかなので、日中のこまめにおこなうケアにおすすめです。
オイルは伸びも良く、保湿力最強ですのでお風呂上りなどにマッサージオイルとして使用すると効果的でしょう。

どちらも良し悪しがありますので、好みで決めてしまって良いと思います。

ニベアやボディショップのクリームは効果ある?

妊娠線予防用のクリームやオイルは高い!ということで、気軽に使えるニベアのクリームや大容量のボディショップのボディバターを妊娠線予防に使うという人もいます。
実際効果があるのか。私はニベアもボディバターも使っていましたが、大して出来ませんでした。へその下に4本くらいニョロニョロっとある程度です。
妊娠線の予防で大事なのは保湿ですので、しっかりと保湿が出来て伸びが良いニベアクリームもボディバターもおすすめです。何より安価なのでケチらず使えると言うのが美味しいですね。

まとめ

ちなみに私は、化粧水+ニベアorボディバター+オリーブオイルの合わせ技をやっていました。別にニベアやボディバターだけでも良かったと思うんですが、なんとなく心配で追いオリーブオイルやってました…
私は妊娠中期に体重がかなり増えましたが、毎日これを塗ったくってたおかげか、はたまた運が良かったのか、妊娠線はあまり出ませんでした。
しかし、そのできてしまった妊娠線が今すごくかゆい。妊娠線ができた部分の皮膚は敏感になって乾燥するとかゆくなるんですが、掻いてはいけないんですよね…掻いたら痕になるとか。
保湿するのが大事ですので、また追いオリーブオイルをするしかなさそうですね。

最後に、妊娠線は予防をガチガチにしたから絶対に出来ない!というものでもありません。どんなに予防してても出来る時は出来るし、出来ない時は出来ません。

もし頑張って予防しても出来てしまった時は、あんなにやったのに!と気持ちが沈んでしまうかもしれませんが、女の勲章と思って気持ちを切り替えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする