母乳育児中のママの風邪!対処法と病院について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ママも人間ですので、風邪をひくことはあります。風邪なんて寝てれば治る、薬飲んでおけばなんとかなる。それはそうなのですが、それが出来ないのが育児中のママなのです。特に母乳育児をしている人は安易に市販薬を飲む事はできませんね。
私も子供が4ヵ月になった頃に風邪をひいてしまったのですが、かなり辛かったです。その際に色々と対処法を調べたり実践したことがありますので、それをお話していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは薬を飲まない治し方を実践

赤ちゃんがまだ小さく、母乳が必要な場合は市販薬を飲む事ができません。そうなると他の方法で治したり症状を和らげる必要があります。私は主に食べ物で何とかしようとしましたので、それをご紹介します。

はちみつ大根

切った大根を蜂蜜に浸して大根エキスを出し、それをお湯で飲む。喉が痛い時に有効です。私の風邪は喉から来るパターンが多く、長い期間喉が痛むなんて事もよくあります。ですので、よくこれを飲んでいます。
喉の炎症を抑えてくれるので、ずっと飲んでいると喉の痛みが和らいできます。生姜を入れると体も温まりますので効果的。アイスよりホットの方が良いのですが、赤ちゃんがいると温かい飲み物をゆっくり飲む事が難しかったりしますよね(ぐずったりし出すと特に)
ですので、熱々ではなく60度とかそれくらいの温度で作ると、飲みやすくなりますよ。

雑炊を大量生産

これどういう事かと言うと、自分用の食事だけを症状が重くなる前に用意して、冷蔵庫にぶち込んでおくという事です。家族の食事は風邪ひいてる最中は惣菜などで良いかもしれませんが、自分自身は食欲や栄養面の心配もありますので、惣菜や冷凍食品といった重たいものは避けた方が無難です。
そこで便利なのが雑炊です。炭水化物も水分も一度に摂れて、材料によって様々な栄養も摂れます。日本の誇る最強の病人食だと思います(※個人的な意見です)
私が風邪をひいた時に作ったのは、

小松菜、ねぎ、生姜、しらす、にんじん、白菜、蒸し鶏、レンコン、すりおろしニンニク、たまご

などが入った味噌仕立ての雑炊です。どう見ても冷蔵庫の整理っぽいですが、実際に食べてみると悪くありません。まあ、生姜と味噌を入れれば大抵のものは何とかなります。
これを鍋いっぱいに作って、タッパーに入れて保存。自分の食事はこれで終了です。風邪を治すためにも、母乳のためにも栄養を摂る事は大切です。果たしてこの雑炊で栄養が摂れてるかは甚だ疑問ではありますが、作るのがしんどいから毎日カップ麺…よりは良いと思います。

とにかく寝よう!

風邪を治すには寝るのが一番。しかし、赤ちゃんの世話をしてると日中眠るなんて出来ない!というのが現実ですね。近所に実家があるとかじゃない限り、一人でゆっくり寝るなんて無理だと思います。
そういう場合は、赤ちゃんの世話をしつつ横になってるというのが良いと思います。眠ることが出来なくても、布団やソファに寝転んでいるだけでも少しは体が休まります。
赤ちゃんを遊ばせている間、ごろんと寝転んでいるだけでも良いです。赤ちゃんがウトウトとお昼寝タイムになってきたら、そのまま一緒に寝てしまいましょう。

だがしかし、世の中にはお昼寝しない赤ちゃんもいます。そして、いつもご機嫌に遊んでいるとも限りません。
体がどうしてもしんどい!赤ちゃんがぐずる!もうダメ、限界!
そんな時は最終兵器、添い乳です。私が風邪をひいた時、肉体的にも精神的にも限界だったので一日だけこれをやりました。

赤ちゃんがぐずって泣き喚く!→添い乳、一緒に寝る→起きる→遊んでぐずる!→添い乳、一緒に寝る

これを一日繰り返します。この方法は、体を休める時間を充分に取れるのですが、赤ちゃんが高確率で夜眠れなくなるという諸刃の剣です。私の場合はかなり運が良く、夜も割と寝てくれました。(それでもいつもより起きる頻度は上がりましたが)
ミルクを飲んでくれる子だったら、こういう時だけ夜はミルクにしてしまうという手もあります。

母乳は飲ませて良いの?

母乳から感染するのでは、と心配する人もいますが、母乳から赤ちゃんに風邪ウイルスが入ることはありません。ですので、風邪をひいていてもいつも通り母乳をあげて大丈夫です。
というより、普段から母乳をあげてるなら、風邪薬などを服用していない限りはそのままあげ続けた方が絶対に良いです。
風邪が治るまでミルクにしよう、と考える人もいますが、そうなると乳腺炎になる可能性が出てきます。乳腺炎にならないように搾乳する必要もありますし、ひどいと夜間におっぱいが張って痛くて眠れなくなる事もあります。
そうならないためにも、体力的に可能ならば母乳をあげた方が良いです。何より、赤ちゃんは母乳から免疫を得る事ができますので、赤ちゃんの風邪予防にもなります。
しかし、無理はしないようにしましょう。

何科で受診すればいいの?

内科か産婦人科かで迷うところですが、おすすめは産婦人科です。出産した病院なら尚良し。産婦人科はママの体のエキスパートです。子供が何か月で母乳育児中だと言えば、それを考慮した診察や薬の処方をしてくれます。赤ちゃんの面倒を見ながらどうやって治して行けば良いかのアドバイスをくれる先生もいますし、そういった事を相談しやすいメリットがあります。
しかし、産婦人科は妊婦さんも多く来院しますので、風邪をうつさないようにマスクをして病院に行きましょう。不安な場合は一度電話して症状を伝えて、風邪でも診てくれるか聞いてみましょう。

近所に産婦人科が無くて内科しかない、という時も病院に問い合わせて、症状と母乳育児中だと伝えて診てもらえるか聞いてみましょう。先生によっては診てもらえます。(私の時は産婦人科をおすすめされました)

まとめ

育児中だとただでさえ休む時間が無いのに、風邪をひくとさらに辛くなりますね。
風邪をひかないように気を付ける事は大事ですが、ひいてしまう時はひいてしまうのです。そうなったら、なんとかして治すしかありません。
風邪をひいたら、家事は二の次三の次、まずは自分の体と赤ちゃんの事を最優先にしましょう。私は風邪ひいてる時に家事と仕事もやって症状が悪化し長引きました。そしてひどくなる前に病院に行きましょう。母乳育児中でも飲める薬を処方してもらえますよ。

(赤ちゃんに風邪をうつさないためにも、家の中でもマスクをし、手洗いうがいを徹底しましょう)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする